エンゲージリングは様々な店舗で購入できる

エンゲージリングは様々な店舗で購入できる

男性が女性に求婚するのであれば、エンゲージリングを用意する必要があります。
普通に口で伝えるよりも、そこに七色に光る眩いダイヤモンドリングがある方が、女性の心を魅了し求婚を受け入れてくれる可能性を高めるからです。
子のエンゲージリングをどこで購入すべきか男性の多くは困惑します。
婚約指輪は様々な店舗で購入することが可能です。
百貨店のアクセサリー売り場でも購入できますし、老舗の路面店の宝石店で買うことも出来るんです。
国内ブランドや海外ブランドのブティックでも購入可能です。
男性がどこで購入するかは、予算や彼女の好みに応じて決定する必要があります。
ブランドに拘り、ファッショナブルな彼女であれば、海外ブランドのティファニーやヴァンクリーフ、カルティエ、ハリーウィンストンなどがお勧めです。
国内ブランド好きならば、4℃やミキモトに銀座和光なども良いでしょう。
さらに手作りであったり、オールカスタマイズの婚約指輪を買える店舗もあります。

人気のエンゲージリングの特徴をチェックしてみよう

一般的に結婚するときにプロポーズで男性が女性に渡すのがエンゲージリング、結婚指輪はマリッジリングです。
パーティーの時やお出かけ、ちょっとした時につけるというイメージが強いエンゲージリングですが、その特徴を見てみましょう。
第一にダイヤモンドが中心となっているプラチナ素材のリングというのが定番で、そのカラット数は3前後からというのが定番です。
一昔前はお給料の3か月分と言われましたが、今は不景気な時代ということも有りますので価格帯もばらつきがあります。
縦爪の淵になっているタイプが一般的ではありますが、デザイン性に富んだタイプもありますしお好み似合わせて選ぶことも出来ます。
最近ではマリッジリングと重ね付け出来るように結婚指輪とペアで購入する方も多いです。
また女性に一緒に選んでもらうというスタイルを取る事で、気に入ったものを長くつけてもらうという男性の配慮もありプロポーズ時にはイミテーションが使われることも有ります。

著者:鬼塚信広

筆者プロフィール

岡山県倉敷市出身。
ジュエリーデザイナーとして数多くの賞を受賞。
ネットでジュエリーに関する情報を発信しています。